ビットフライヤーの概要

株式会社bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年(平成26年)に、日本で3番目(関東財務局長第00003号)の仮想通貨取引所yとして誕生しています。

基本金41億238万円万円を有するなどビットコインの取引量では日本一を規模を誇り、本社を東京都港区赤坂に置きます。

企業部署は大きくエンジニアリング・デザイン、セールス・マーケティング、オペレーション、コーポレートの4つに分かれており、様々な経歴・国籍・専門領域を持つメンバーが在籍します。

ビットフライヤーはブロックチェーン技術の発展に貢献することでシンプル・便利な世界の実現を目指しており、現在、ビットコインの購入・売却が簡単にできるシステムを提供しています。

また、ビットコインの総合プラットフォームとして万全のセキュリティとともに安全な取引を実現しており、1例がbitWireや事業者向けEコマース決済サービスです。

ビットフライヤーでは12のサービスを設けており、仮想通貨はビットコインの他にビットコインキャッシュやイーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインを取扱っています。

最大の特徴は手数料の安さがあり、例えばビットコインと円現物では0.01%から0.15%程度で取引をすることができます。

手数料の安さは取引量の多さにつながっており、他にも資本金の大きさからくる安心感や、BTCニュースなど情報メディアの発信も理由になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です