業界初の偉業を成し遂げたビットフライヤー

株式会社ビットフライヤーは2014年1月に設立され日本国内に拠点を置く仮想通貨交換業取引所です。

日本ブロックチェーン協会JBAの設立を主導した後に主幹企業となり、仮想通貨部門では仮想通貨交換事業者向けのガイドラインの策定や監査の実施をするなど業界全体の健全化や利用者の安心安全の提供に大きな貢献を果たしています。

2014年5月にはポイント交換サイトとビットコインの交換サービスを開始し、2016年2月には広告を利用することでビットコインが付与される新サービスの「ビットコインをもらう」を開始しました。

同年3月にはFX専業で初となるビットコインプレゼントキャンペーン、4月には同じくF専業で初となるポイント交換連携を開始しました。

その後、株式会社ビットフライヤーは2016年の8月には丸井グループにビットコイン決済サービスの提供を開始し、9月には日本国内の法改正に伴い、仮想通貨交換事業者登録完了を発表し、内外共に認める正式な仮想通貨交換業取引所として正式にスタートを切りました。

2018年2月にはプライベートブロックチェーンのmiyabiを利用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始し、3月には業界初の三井住友銀行が提供する参照系、更新系APIの連携開始を発表し世間を驚かせました。

このように株式会社ビットフライヤーは業界初の偉業をいくつも成し遂げ、利用者の利便性や安全性の向上への飽くなきチャレンジを続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です