町内会への香典返しが必要ないケースがある

一般的に香典をいただいた方に対しては香典返しを渡す必要がありますが、町内会や自治体からもらった香典の場合には、お返しが必要ないケースも多く見られます。その理由としては、普段納めている町内会費から香典が出ていることが理由です。町内会の費用から規則として送られているものであれば、お返しは必要ないと言う考え方は一般的なものと言えるでしょう。反対に香典返しをした場合には、先方を困らせてしまうことにもなるため、お返しは控えるようにしましょう。

またもう一つの理由として、お返しは必要ないと定められているケースが挙げられます。町内会や自治体にはそれぞれ独自のルールが設けられていて、お返しについての取り決めがあるところも多いです。ルールがどのような内容なのかについては、会場などに相談するのが1番です。町内会に対して香典返しが不要になるケースとして、もらった香典を町内会や福祉団体などに寄付するケースが挙げられます。

個人が遺言などで寄付を望んでいる場合には、その考えを尊重した上で、お世話になったお礼と言う形で寄付をするケースもあります。しかし寄付をするのであれば、お礼状で説明をすることが求められます。お返しの品の代わりに代表者に当ててお礼状を送ることを心がけましょう。いただいた香典に対して感謝の気持ちを伝え、本来であれば贈るべき香典返しを行わずに寄付に回したことを説明する点は、今後良い関係を維持していく上でも非常に重要です。

香典返しのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.