香典返しに佃煮を選びましょう

香典返しを選ぶにあたり何を選べば良いのかわからないと思う人も多いかもしれませんが、香典返しではタブーとされているものもあります。それは肉や魚などの生ものです。しかし生でなければ火が通っていて加工されているものであれば問題がないので、佃煮を選ぶ事は1つの手段と言えるでしょう。一般的に佃煮はカツオやタラ、サバなどの魚が原料となっています。

魚なので香典返しの品物として選んでも大丈夫なのかと気になる人も多いかもしれませんが、火が通っていて加工されているので何も問題はありません。佃煮は種類により慶事を意味する昆布や鰹節なども含まれているものもありますが、単体としての品物ではなく、あくまでも材料です。佃煮は消え物にもあたり、ある程度保存も利くので、幅広い世代の人たちに味わってもらうことができるでしょう。佃煮は基本的には砂糖や醤油などで甘辛く煮付けた昔ながらの食べ物に当たりますが、その種類は多岐に渡ります。

ちりめんじゃこ等の小魚から、カツオやマグロ、貝類の場合にはアサリやシジミなどが挙げられます。海藻類は昆布や海苔を始めとし、ひじきや山菜、野菜は椎茸やキクラゲ等もあり、珍しいものであればイナゴが該当するでしょう。このような様々な種類の佃煮が味わえるセットになっているものもあるため、このようなものを選ぶのも1つの手段です。はるか昔から日本の家庭ではご飯のお供として佃煮は愛されています。

白いご飯の上にのせて食べたり、そのまま酒の肴としても美味しく食べてもらえることでしょう。香典返しのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.