毎年悩む母の日の贈り物

母の日と言えば、定番はカーネーションです。

自分が小さい頃なら、わずかなお小遣いで買った一凛のカーネーションと手紙や似顔を添えて渡していた経験がある人も多いことでしょう。
それが花束や鉢植えに変わっていき、雑貨やスイーツなどプレゼントに変わっているかもしれません。とは言え、一年に一回とは言え毎年やってくる母の日。

気持ちが大切でモノにこだわる必要はないと分かりつつ、普段言えない感謝の気持ちも込めて何かしら送りたいと思うのが本音です。


時期になると、ネットショッピングや店頭で母の日コーナーができて多くの商品が並んでいます。
でも、よく見るとカーネーションや最近増えてきたアジサイなど花を中心にしたものが多く、雑貨の色合いもこれらに近い華やかなものが主と感じます。
贈り物全般に当てはまりますが、好みは人それぞれです。
落ち着いた雰囲気が好きな人もいますし、年代によっては派手すぎると感じてしまう場合もあります。
では、どうすればいいのでしょうか。

母の日に有効なサイトです。

何も贈らないのもやはり、味気ないものです。
一緒に出掛けて、欲しい物を購入してあげるのも一つの手ですが、毎回だと本人が遠慮してしまいます。
一緒に住んでいたり、離れていても定期的に交流があるのなら、日常の中でこんなものが欲しい興味があるといったことをチェックしておくとよいでしょう。本当に欲しい場合は、すぐに母親が買っている場合もあります。



しかし、自分で買うにはちょっと、でも気にはなっているものなら母の日に送ると喜ぶはずです。