最新の美容情報&知識

  • 脱毛は肌のコンディションを見ながら

    • 脱毛を行う時は肌のコンディションを見ながら決めなければなりません。例えば、皮膚が乾燥して剥けている箇所がある時には処理時に受けるダメージが大きくなりますので、すぐには行わない方が無難です。

      乾燥するといつもよりも外的刺激に弱くなって、脱毛を行った時の刺激にも負けてしまいます。


      刺激に負ければメラニンの生成量が増えて色素沈着が引き起こされたり毛穴が炎症を起こしたりしますので、すぐに対処が必要なレベルとなります。



      乾燥しているという自覚があるなら、まずは数日前から保湿ケアを徹底して、ある程度は整った状態にしておくことが大切です。


      潤いが維持されていればバリア機能も強まりますので、脱毛を行っても過敏に反応しなくなります。



      また、赤く炎症を起こしていて痛みがある時にも注意が必要です。
      痛みがある時にはまだ炎症が広がっていく可能性があり、リスクの高い状態です。炎症時には脱毛どころか普段のスキンケアを行うのにも注意が必要であり、紫外線を浴びることもNGです。炎症は肌トラブルの中でも酷い部類に入るということを自覚し、まずは炎症を鎮めるために抗炎症剤を使用することが大切です。
      脱毛を行うのは炎症がしっかりと鎮まった後であり、他の部分と変わらなくなれば問題ありません。

      このようにムダ毛処理に適さない状態である場合には、肌のコンディションが整うまで様子を見なければなりません。



      しっかりと整えてから行えば、影響は小さくなります。