母の日の考え方について

母の日は春のイベントとして日本でも毎年行われている行事です。

一つ上の母の日の優良サイトならこちらで見つかります。

小さいころから母の日には「おかあさんありがとう」の気持ちと、カーネーションを贈ることが当たり前になっていますが、何ででしょう?カレンダーなどにも記載されていて、全国的に認知度の高い習慣ですが、そもそも母の日はどんな由来があるのか知っている人は多くないのではないのでしょうか?宗教にも関係はなさそうだし、日本の偉人の母が関わっているわけでもない、世界共通の風習なのかなど考えると知らない疑問が沢山出てきます。

調べると、もともとの起源はアメリカで、アメリカの母の日毎年5月の第2日曜日と決まっています。



日本もそれに倣って5月の第2日曜日に、花や贈り物を贈る習慣を取り入れて受け継がれています。



もともとは母を亡くした女性が、亡き母をしのんで5月に教会で追悼会を開いたのがきっかけで、その母が大好きだった白いカーネーションを参加者みんなに配ったことが始まりだったのです。

白いカーネーションは亡き母に捧げて、赤いカーネーションをいつもお世話になっている母に贈るというのはこのアメリカの出来事から来ています。
カーネーションは贈り物のシンボルとして、今でも各国で取り入れられている習慣です。
5月の第2日曜日を母の日とする国はほかにもありますが、日程や由来が異なっても母への感謝の気持ちを表すイベントとして、世界でも行われています。

日本も例外ではなく、カーネーションを贈る風習になっています。